独創的な技術力と想像力で 世界に貢献します。 独創的な技術力と想像力で 世界に貢献します。

当社は1938年の創業より、
産業における超硬合金の役割に可能性を見出し、
独立独歩で超硬工具の革新と加工の進化を拓いてきました。
超硬合金製造で培った粉末冶金技術を基盤に現在では
一般的となっている
サーメットチップの世界初の実用化を実現、
切削工具分野では渦巻き形切れ刃による
ボールエンドミルおよびドリルの開発、
切れ刃にねじれを持たせたエンドミルの開発など
革新的な技術を次々と市場に投入いたしました。
近年にも、ダイヤ・超硬一体焼結製品、
異形ギヤ成形金型の超硬化、
省レアメタル合金の工具素材など、
各分野において独創性の高い新技術を世に生み出し、
国内だけでなく世界中に販売しております。
当社では素材・製品の開発に加え、
原料粉末の調製から一貫して社内生産を行っており、
安定した高品質の製品を保証できることが、
お客様から信頼をいただいているものと確信しております。
世の中にある製品で今日、切削加工や塑性加工など
機械加工を経ないものはほとんどありません。
先端科学の領域でも、その実用化・工業化にあたっては、
加工技術の進歩が不可欠です。
世界的な競争の時代にあって、
当社は習慣にとらわれず新分野に挑戦し、
「経営は創造」・「独創性豊かな技術開発」を理念に
世界に貢献してまいります。

取締役社長 生悦住 歩取締役社長 生悦住 歩

モジュラーヘッドシリーズ

材料設計から最終製品まで。 自社一貫生産で実現する高品質なものづくり 材料設計から最終製品まで。 自社一貫生産で実現する高品質なものづくり

ダイジェットは創業以来、超硬工具専業メーカーとして
超硬技術の進展に取り組んできました。
超硬合金、コーティング、サーメット、ダイヤモンドやCBN焼結体…
ダイジェットの工具材料はさまざまなバリエーションがあり、製品アイテム
も標準規格品から特定ユーザー向けのカスタム品まで多岐にわたります。
これらの製品づくりにあたっては、材料・工具設計から最終製品の工具まで、
開発・生産を全て自社で行っており、
トータルな技術力・ノウハウを蓄積することで、
ユーザーからの困難な課題にも応えられる総合力を備え、
改良・仕様変更などへのきめ細やかな対応を可能にしています。
また、自社一貫生産により製品の再現性を確保することで、
品質の安定性を高めています。

会社概要 会社概要

創 業 1938年10月
設 立 1950年12月(百年工業株式会社)、1954年 6月(ダイジヱット工業株式会社に社名変更)
代表者 生悦住 歩
本 社 〒547-0002 大阪府大阪市平野区加美東2丁目1番18号
資本金 30億9919万円
従業員 527名 (2017年3月末日現在〈連結〉)
  • 外観写真

  • 外観写真

ページトップ